2011年09月23日

子供のためのイスラームの礼儀作法(26)ズィクルにおける礼儀作法



ビスミッラーヒッラハマーニッラヒーム(慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において)。

至高のアッラーを念じること(ズィクル)は、あらゆる崇拝行為の要(かなめ)です。
そしてズィクルこそ、全ての崇拝行為の目的でもあります。
至高のアッラーは仰られました:『・・・なお最も大事なことは、アッラーを唱念(ズィクル)することである・・・』( 29:45)

また、このように仰られました:『・・・われを心に抱いて礼拝の務めを守れ。』(20:14)

そしてアッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「あなた方の行いの内で最も良く、あなた方の支配者のもとで最も清らかで、あなた方の階位を上げる事の内でもっとも高く、あなた方にとって金銀を施すよりも良く、敵に対峙し、彼らの首を討ち、彼らがあなた方の首を討つよりも良い事を教えてやろうか?。」彼らは言いました:「はい。」彼は言いました:「至高のアッラーの唱念だ。」(アッティルミズィーの伝承)

全ての崇拝行為には、決められた時間や満たさねばならない条件があります。
ですが、至高のアッラーの唱念には決められた場所や時間はありません。
それどころか、ズィクルはあらゆる状況において、そして、いつでもそれを行うことが求められています。

至高のアッラーは仰られました:『または立ち、または座り、または横たわって(不断に)アッラーを唱念する者達は・・・』( 3:191)

アーイシャ(彼女にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「そしてアッラーの使徒は(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)常にアッラーを唱念していました。」(ムスリムの伝承)

至高のアッラーがしもべに数多く行うことを命じたのは、至高のアッラーの唱念だけでした。

至高のアッラーは仰られました:『あなた方信者よ、アッラーを多く唱念しなさい。朝な夕な、かれの栄光を讃えなさい。』( 33:41−42)

至高のアッラーは仰られました:『誠に偽信者は、アッラーを欺こうとするが、かれはかえってかれらを欺かれる。彼らが礼拝に立つ時は、物憂げに立ち、人に見せる為で、ほとんどアッラーを念じない。』( 4:142)

そしてアッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「その者の主を念じる者とそうでない者は、生きている者と屍のようである。」(アルブハーリーの伝承)
 至高のアッラーの唱念は過ちを犯すことへの防護策でもあります。
アッラーのことを忘れること、罪や過ちを犯す原因となります。

至高のアッラーは仰られました:『またわれが、その心にわれを念じることを忽せにさせた者、また私欲に従って、自分の事に、法を越えた者に付き従ってはならない。』( 18:28)

それではズィクルを行う時のマナーを紹介しましょう。

1−ズィクルする時には、アッラーのご満悦だけを願いましょう。
 
人々への見栄の為ではなく、アッラーの為だけにズィクルしましょう。
ズィクルすることによって、アッラーの命令により良く従うことを意図しましょう。

アブー・サイードルフドリー(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「み使い(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は教友らのグループの処に行き、“座って何をしているのか?”とお尋ねになった。彼らはそれに対し、“私たちはアッラーに祈願し、アッラーを讃えるために座っているのです。なぜならアッラーは、私たちをイスラームの道に導き、私たちに加護を与えて下さったからです”と答えました。
この時、み使いは、“アッラーにかけて、なんとあなたたちはそれだけのために座っているのか?”と言われたが、彼らが“アッラーに誓って!私たちが座っているのはその目的のためだけです”と答えると、“私は、あなたたちに異議があって、誓いを求めているわけではない。ただ、天使ジブリールが私の処にきて、アッラーは天使たちにあなたたちの素晴らしさについて語っておられると、私に知らせて下さったからなのだ”と言われた。」(ムスリムの伝承)

2−唱念している言葉の意味をよく考えながらズィクルしましょう。
 
至高のアッラーは仰られました:『信者たちとは、アッラーを想念する時に胸が戦き、印が読誦されるのを聞いて信心を深め、主にお任せする者たちである。』( 8:2)

3−至高のアッラーのズィクルに適した時間を選んでズィクルしましょう。
 
日常生活での活動中にズィクルするのはいいことですが、それとはまた別に、忙しくない時間帯にズィクルを集中して行ってみましょう。

特に、ファジュル前の時間、義務の礼拝後、ラマダーン最後の10日間の夜、ズルヒッジャの最初の10日間、またそれに続く3日間などは、よりズィクルに励みましょう。

至高のアッラーは仰られました:『よく耐え忍び、誠実で、敬虔に奉仕して、(道のために贈物を)施し、また暁に(罪の)赦しを祈る者たちである。』( 3:17)

4−ズィクルを終えた後、その効果が現れるよう努力しましょう。
 
アッラーへの服従行為を遵守し、歓楽・無駄口・罪を犯すこと(あるいは自分を罪へと導くような事)を避けましょう。

言葉・行為に気をつけましょう。

至高のアッラーは仰られました:『本当に礼拝は、(人を)醜行と悪事から遠ざける。なお最も大事な事は、アッラーを唱念(ズィクル)することである。』( 29:45)




参考文献:
『青少年のためのイスラームの礼儀作法』Dr.ムハンマド・ハイル・ファーティマ
posted by ターリブルイルム at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供のためのイスラームの礼儀作法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

子供のためのイスラームの礼儀作法(25)集まりにおける礼儀作法



ビスミッラーヒッラハマーニッラヒーム(慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において)。

人は毎日の生活の中で、様々な人々と接し、公的な場、あるいはプライベートな場で自分以外の人と席を共にします。

人々が座る場所には、痩せている人や太っている人、善人や悪人など様々な人々が集まり話をします。

ムスリムは、共に座る人々の現世と来世のために良い事を提供し、もしその集まりがイスラーム的に良くないものであればそれを良い方向へ変える努力をし、それすら出来ないときにはその集まりから離れるようにすべきです。

至高のアッラーは仰られました:『啓典の中で、あなた方に確かに訓戒した。もしアッラーの印が拒否され、または嘲笑されるのをあなた方が耳にするならば、かれらが外の話に移るまでかれらと同席してはならない・・・』(4:140)

預言者達や(物事の)改善者たちは、人々の集まる場所を訪れたものでした。
そして謙虚で真摯な態度で彼らと共に座り、善行を命じ、悪行を禁じ、彼らにとって善い事を思い出させ、英知と良い訓戒でもって彼らに訓戒し、彼らに篤信と善行を勧め、不信仰・罪・(アッラーへの教えへの)反抗・敵意に関して注意を促したものでした。

もしかすると、悪に満ちた、あるいはアッラーとその教えを忘れた状態の集まりに参加したことで、自分もそのような状態になり、その状態のまま人生を終えることになるかもしれません。

あるいは、学問やアッラーとその教えを思い出させる、あるいはアドバイスに満ちた集まりに参加したことで、更なるアッラーのお導きと祝福を受け、その後、楽園へ続く善行の道を進み、人生を終えることになるかもしれません。

それでは以下に、集まりに関するマナーを紹介しましょう。

1−ムスリム同士の集まりの中に入る時、あるいはそこから出る時には「アッサラームアライクム」という挨拶をしましょう。

またムスリム以外の人々の集まりにおいても、そこに加わる時、あるいはそこから出る時には挨拶をするようにしましょう。

2−後から来た人のために場所を空けてあげるようにしましょう。

至高のアッラーは仰せられました:『あなた方信仰する者たちよ、集会のおりに(広く)席をあけなさいと言われた時は、すぐ席をあけなさい。アッラーはあなた方のために(十分な)席を与えられる・・・』(58:11)

新しい参加者やまだ慣れていない仲間達には、特に親切にしましょう。

自分がしてもらうと嬉しい事を、人にするようにしましょう。

3−前から順番に座るようにしましょう。

場所が空いていない場合には、人を押しのけて自分の気に入る場に座るのをやめましょう。

4−他人の場所を横取りしたり2人で座っている人の間に割り込むことのないようにしましょう。

たとえ相手が小さな子供や貧しい者であっても、その者を立たせて自分が座ることがないようにしましょう。(後から来た人のために場所を開けることはもちろん良いことです。)

5−席を立ち、再び戻って来るのが分かっている人の席を取るのはやめましょう。

アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)によるとアッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「あなた方の誰かが席を立ち、それからそこへ戻った時、その者こそは元の場所に座るのに最も相応しい者である。」(ムスリムの伝承)

6−3人だけでいる時に2人だけで内緒話をしないようにしましょう。

イブン・マスウード(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:“もしあなた方が3人でいたのならば、他の人々がそこに加わるまでは1人を除いた2人だけで内緒話をしてはならない。それはその者を悲しませるからだ。”」(アルブハーリーとムスリムの伝承)

7−集まりに参加している誰かを卑下したり笑い者にすることのないようにしましょう。

ムスリムはいつでも謙虚に礼儀正しくありましょう。

8−むやみに身につけているものをいじったり、あくびをしたりすることは避けましょう。

9−集まりに加わる時やそこから出る時、席に就くとき、水や食べ物などを配る時には右から順に行いましょう。

10−集まりに利用される場所を清潔に保ちましょう。

また、集まりに参加する際は、清潔な服装で、歯をみがき、爪を切り、身だしなみを整えましょう。

11−集まりで話したことを他人に言いふらさないように頼まれた時は、秘密厳守を守りましょう。

至高のアッラーは仰せられました:『信仰する者たちよ、アッラーとその使徒を裏切ってはならない。また故意に、あなた方への信頼を裏切ってはならない。』(8:27)


12−集まりであった話を悪意・敵意・嫌悪で広めるのはやめましょう。

フザイファ(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:“(悪意をもって)噂話をする者は天国には入らない。”」(アルブハーリーとムスリムの伝承)

13−陰口や目配せ、論争の集まりを避けましょう。

14−集まりでは、善を命じて悪を禁じ、アッラーへの服従と善行とサダカ、貧しい人々や困っている人々への援助を思い出させるようにしましょう。


至高のアッラーは仰られました:『啓典の中で、あなた方に確かに訓戒した。もしアッラーの印が拒否され、または嘲笑されるのをあなた方が耳にするならば、かれらが外の話に移るまでかれらと同席してはならない。あなた方が(同席)したならば、彼らと同類になる・・・』(4:140)

また、こう仰られました:『信仰する者たちよ、あなた方が秘密の相談をするときは、罪と敵意と、使徒への犯意とで密議してはならない。善意と敬神の念をもって相談しなさい。アッラーの御許に、あなた方は集められるのである。かれを畏れなさい。』(58:9)

15−話し手の話をよく聴きましょう。

16−ムスリム同士の集まりの最後には、預言者(彼にアッラーの祝福と平安あれ)が口にしていたドゥアーを言って終わるようにしましょう。


「スブハーナカッラーフンマ ワ ビハムディカ、アシュハドゥ アッラー イラーハ イッラー アンタ、アスタグフィルカ ワ アトゥーブ イライカ。」と、言って集まりを終えましょう。

この言葉の意味は以下のとおりです。
「アッラーよ、あなたに賞賛と讃美あれ。私はあなた以外に真に崇拝すべきものはないことを証言します。私はあなたにお赦しを求め悔悟します。」


参考文献:
『青少年のためのイスラームの礼儀作法』Dr.ムハンマド・ハイル・ファーティマ









posted by ターリブルイルム at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供のためのイスラームの礼儀作法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

子供のためのイスラームの礼儀作法(24)サラームにおける礼儀作法


ビスミッラーヒッラハマーニッラヒーム(慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において)。

サラームって何だろう?

●「サラーム」とは「平安」という意味のアラビア語です。

●私たちの崇拝するアッラーの美しいお名前の1つでもあります。

至高のアッラーは仰られました:

『かれこそはアッラーであられる。かれの外に神はないのである。至高の王者、神聖にして、平安の源であり、信仰を管理し、安全を守護なされ、偉力ならびなく全能で、限りなく尊い方であられる。』(59:23)

つまり、イスラームは「平安」そして「平和」を、アッラーが授けてくださる神聖なものであるとしています。

●ムスリム同士の挨拶の言葉を略して「サラーム」と言います。

具体的にいうと、ムスリム同士が会った時に言う「アッサラームアライクム」という挨拶のことです。

普段何気なく使っている挨拶の言葉ですが、「あなた方の上に平安あれ」というすばらしい意味の言葉です。

この言葉でムスリム同士が挨拶することは、アッラーの使徒ムハンマド(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)の教え(スンナ)によるものですから、サラームをすることでアッラーが報奨をくださいます。

それでは以下に、ムスリム同士の挨拶(サラーム)のマナーを紹介しましょう。

1−「アッサラームアライクム」という言葉で挨拶しましょう。

預言者のスンナに則った挨拶の言葉である、「アッサラームアライクム(あなた方の上に平安あれ)」を使いましょう。
挨拶された方は、「ワ アライクムッサラーム(そしてあなた方の上にも)」という言葉で返しましょう。

サラームを行うことはスンナですが、挨拶を返すことはムスリムの義務です。

上の挨拶の言葉に「ワ ラハマトゥッラーヒ ワ バラカートゥフ(そしてアッラーのお慈悲と祝福がありますように)」という言葉を付け加えることもできます。

至高のアッラーは仰せられました:

『そしてあなた方が挨拶を受けたら、それよりもっとよい形の挨拶で挨拶するか、あるいは同じ言葉を返すのだ。実にアッラーはあらゆる事柄をも(仔細に)計算されるお方である。』(4:86)

イムラーン・ブン・アルフサイン(彼らにアッラーのご満悦あれ)は言いました:「ある男が預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)のもとを訪れ、こう言いました:“アッサラーム アライクム(あなた方に平安あれ)。”すると預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はその挨拶に応じました。そして座ると、こう言いました“10(倍の報奨)だ。”次にまた別の男が来て、言いました:“アッサラーム アライクム ワ ラハマトゥッラー(あなた方に平安とアッラーのご慈悲あれ)。”すると預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はその挨拶を返してから座ると、こう言いました:“20(倍の報奨)だ。”それからまた別の男がやって来て、こう言いました:“アッサラーム アライクム ワ ラフマトッラー ワ バラカートゥフ(あなた方に平安と、アッラーのご慈悲と祝福がありますように)。”すると預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はその挨拶を返してから座ると、こう言いました:“30(倍の報奨)だ。”」(アブー ダーウードとアッティルミズィーの伝承)

2−話をする前に、まずサラームを言いましょう。

至高のアッラーは仰せられました:

『あなた方信者よ、許しを求めて、家族に挨拶するまでは、自分の家以外の住まいに入ってはならない。』(24:27)

アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:“あなた方が集まりの場を通りかかったら、挨拶するのだ。そしてそこから立ち去りたい時にも、挨拶するのだ。前者の方が後者よりもそうするのに値するわけではない。”」(アブー ダーウードとアッティルミズィーの伝承)

3−外出時、帰宅時には家族にサラームを言いましょう。

4−自ら率先してサラームを言いましょう。


人から挨拶されるのを待つのではなく、自分から進んで挨拶しましょう。

アブー・アイユーブ・アル=アンサーリー(彼にアッラーのご満悦あれ)によれば、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「ムスリムは、会えば背き合うようにして、その同胞を3夜以上避け続けることは許されない。そして彼らの内、先に挨拶を始める方がより優れているのだ。」(アルブハーリーとムスリムの伝承)

アブー・ウマーマ(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:“アッラー(のご慈悲)により近いのは、先に挨拶を始める者である。”」(アブー ダーウードとアッティルミズィーの伝承)

5−少し間をおいた後に再び顔を合わせた時には、もう1度サラームをしましょう。

例えば、家に友達や客が来ていて、あなたはお茶の準備などのために席を外しました。彼らがいる部屋に再び入る時には、もう1度サラームをしましょう。

6−大勢の前でサラームする時は、全員に挨拶が行き届くように3回サラームしましょう。

アナス(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は何か1つの単語を話す時には、それがよく(人々に)理解されるべく3回繰り返しました。そして人々のもとを訪れた時には、3回挨拶したものです。」(アルブハーリーの伝承)

7−挨拶の優先順位を守りましょう。

アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)によれば、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「乗り物に乗った者は歩行者に、歩行者は座っている者に、少数の者たちは多数の者たちに挨拶するのだ。」(アルブハーリーとムスリムの伝承)

8−相手あるいは自分たちが大勢である時、そのうちの一部の者たちが代表で挨拶をしたり、挨拶を返すことができます。

アリー・ブン・アビー・ターリブ(彼にアッラーのご満悦あれ)によれば、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:「集団の中の誰かが挨拶すれば、それでその集団全体がそうしたことになる。また(集団内の)誰かが挨拶を返せば、そこに座っている(集団内の他の)者たち(全員)がそうしたことになるのだ。」(アブー ダーウードの伝承)

9−夜間、寝ている人がいる所では、小声でサラームしましょう。

10−無人の家屋に入った時には自分自身にサラームしましょう。


「アッサラーム アライナー ワ アラー イバーディッラーヒッサーリヒーン(私たちの上に平安あれ、そしてアッラーの誠実なるしもべたちの上にも)」と言いましょう。

至高のアッラーは仰せられました:『あなた方が他の家に入ったならば、あなた方自身にアッラーからの、祝福に溢れた美しい挨拶をするのだ。』(24:61)

11−子供たちにサラームをしましょう。

子供たち、または自分よりも幼い者たちのところを通りかかったら、サラームをしましょう。

アナス・ブン・マーリク(彼にアッラーのご満悦あれ)が伝えるところによれば、彼は子供たちの前を通りかかった時、彼らに挨拶をしました。そして言いました:「預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はこうしていたのです。」(アルブハーリーとムスリムの伝承)

12−サラームをする時に握手をしましょう。

サラームの時に、お辞儀・抱擁・キスすることはスンナではありません。

アナス・ブン・マーリク(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「ある男が言いました:“アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)よ、私たちは兄弟か友人(であるムスリム)と会ったら、彼にお辞儀すべきですか?”(預言者は)言いました:“いや。”(男は)言いました:“彼を抱きしめてキスすべきですか?”(預言者は)言いました:“いや。”(男は)言いました:“それでは彼の手を取り、握手しますか?”(預言者は)言いました:“そうだ。”」(アッティルミズィーとイブン マージャの伝承)

アル=バラーゥ(彼にアッラーのご満悦あれ)は言いました:「アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:“2人のムスリムが会って握手するならば、彼らが別れる前に彼ら(の罪)は赦されるであろう。”」(アブー ダーウードとアッティルミズィーの伝承)

13−人が寝ている時、サラーやウドゥーをしている時、クルアーン読誦時やズィクルやドゥアーに勤しんでいる時にはサラームをしないようにしましょう。

同様にアザーンやイカーマを言っている時、フトバ(説教)をしている時や講師をしている時には、サラームを言うのを避けましょう。


参考文献:
『青少年のためのイスラームの礼儀作法』Dr.ムハンマド・ハイル・ファーティマ
『イスラムハウス』ウェブサイトhttp://www.islamhouse.com/s/10447
『アッドゥラルッサニーヤ(輝く真珠)』ウェブサイト(アラビア語)http://www.dorar.net/






posted by ターリブルイルム at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供のためのイスラームの礼儀作法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする