2013年10月26日

寮の隣人たちのその後・・・イラク人Iとアフガニスタン人姉妹AとSのハトム


水曜日、スカイプでサウジにいた時から参加していた勉強会の聴講中、
サウジにいたころの隣人、イラク人Iからのメールが届いた。

そろそろかなぁ・・・とは思っていたのだが、予想通り、
「昨日、アルハムドゥリッラー、暗記でのハトムを終えることができましたぴかぴか(新しい)
との知らせだったわーい(嬉しい顔)

Iのタスミーウを始めたのは、当時任されていた、寮の暗記クラスのためだった。
http://alquran.seesaa.net/category/9023552-8.html

寮での暗記クラス終了後、「私もハトムを目指すから、暗記のプログラム作成とタスミーウだけ、お願いします。」と言われ、毎日のノルマが1ページ、時には半ページとなりながらも、ほぼ毎日コツコツと暗記を続け、
アルハムドゥリッラー、↑の言葉の約1年3ヵ月後にはハトム終了となることができた手(チョキ)

彼女からの吉報もとても嬉しかったのだが、更に嬉しかったのは、アフガニスタン人姉妹ZとSに関する彼女からの報告だった。

「もう既に知ってるかな?ZとSも私より2週間ほど早くハトム終了位置情報したんだよexclamationウンムA(私のこと)に知らせるよう、言っておいたんだけど・・・目

遠い日本で、勉強会聴講中だったにも関わらず、涙が出たもうやだ〜(悲しい顔)

ZとSは、暗記一家を率いる私の敬愛するウンムZの長女・次女たちなのだが、サウジ育ちでアラビア語能力はもちろんのこと、類まれな暗記力を持ちながらも思春期特有の難しさ+学校の勉強の大変さで、思うように暗記が進んでいなかった。

私がサウジを出る頃も、しばらく彼女たちの暗記は滞っていた状態で、ハトムまで5−6ジュズ分とは言え、「ドゥアーしてくださいね」との言葉にも、頷きつつも内心は「どうなんだろう?大丈夫かな〜?」と思っていたのだった。

イラク人Iがハトムまで残り2ジュズとなったところで、「私は残り2ジュズで、インシャーアッラー、ハトムするけれど、あなたたちは以前のままだねぇ」と彼女たちに告げたらしいのだが、その言葉がZとSの競争心に火を点けたようだった。
何はともあれ、全てはアッラーの御意思によるもの、それから、彼女たちの努力によるものだ。

なんとなく、彼女たちの知らせから、↓の画像を思い出した・・・目
http://www.flickr.com/photos/taghreed_ali/5475929499/
posted by ターリブルイルム at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アル=クルアーン暗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378566702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック