2014年03月11日

アル=バカラ章の考察 その10

今回の考察では、アッラーの道に対するイスラエルの民の反抗の別の形について追ってみていきましょう。

預言者ムーサー(彼に平安あれ)が自分の民の為に彼らの彷徨いの最中、雨乞いをしました。

考えてみてください。

アッラーはイスラエルの民の為に空から雨を降らせることが出来ますが、彼らに足元にある石から水をお与えになりました。
通常、あなたが杖で石を打ったならば、杖の方に影響が出るでしょう。
ですが、ここでは奇跡によって彼らに水を与えるために石が割れたのです。
その水は12の泉であり、イスラエルの民の部族は12で、各々が各々の水飲み場に行きました。
ですから、恩恵に対するあなた方の感謝は、大地を汚すことであってはならないのです。

>>ところが、彼らは高品質で苦労無く多くを手に入れられたマンナとウズラという天からの恩恵を拒み、彼らが自らの手で植えつける大地からの食べ物を求めました。

彼らが安心するために物事を目にしなければならない物質主義者たちだということを忘れてはなりません。

それ以前にも、彼らはアッラーを崇拝する為に、アッラーを実際に目にすることを求めました。

また奇跡によって彼らの元に水が湧き上がりましたが、ここで彼らは、ある日、目が覚めたらマンナとウズラが見当たらない時のことを恐れ、原因無しに、アッラーから直接やって来る恩恵の代わりに、耕作と種蒔という原因によってやってくるものを求めましたが、いったいどうやってどこにでもある物をアッラーからの直接の恩恵の代わりに求めるというのでしょうか?!

それは、彼らの忍耐の少なさとアッラーの命令の軽視とかれの恩恵への蔑視の証拠です。

>>アッラーの印を拒否して信じず
>>不当に預言者たちを殺害し
>>罪を犯し
>>アッラーのしもべたちに敵意を向けた

その為、アッラーは彼らの行為と同じ種類でもって、屈辱と貧困と激怒という報いを彼らに被らせました。

これらの節が、預言者(彼に祝福と平安あれ)の時代に存在していたイスラエルの民のウンマ(共同体)に向けられたものだということを思い出してください。
アッラーへのこれらのイスラエルの民の背信行為は預言者時代のイスラエルの民たちの先祖たちの行為なのです。

預言者の時代のイスラエルの民たちは自らを褒め称え、預言者ムハンマド(彼に祝福と平安あれ)やムスリムたちよりも自分たちの方が優っていると吹聴していました。
その為、アッラーは彼らの先祖たちの状況を露わにし、彼らの先祖たちも彼ら自身も忍耐と高貴な人格の持ち主たちではないことを明らかにしました。

アッラーに感謝するしもべの皆さん、あなたのもとにやってきたアッラーの恵みを受け入れなかったり、それに代わる物を望んだりしてはなりません。
至高なるアッラーは、あなたにとって何が良いのかご存知です。
アッラーがお創りになられた道に素早く応え、忍耐強い者でありなさい。
自らを不当に扱ったこれらの人々(イスラエルの民)が進んだ道を歩んではなりません。

次回の考察では、更なる彼らの反抗の形を見ていきましょう。

posted by ターリブルイルム at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アル=バカラ章の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする